通販の看板は高品質で使いやすいです。

通販の看板は、ちゃんとした会社が作っており厳しいテストのクリア済みです。もちろん高品質で使いやすさに定評があります。購入する時はレビュー・保証の確認を忘れないようにしましょう。LEDタイプは、電球を使用しているため動作不能になる可能性もあります。動作不能になった場合は、1か月以内なら無料で交換・修理してくれることが多いです。しかし浸水や外からの衝撃で壊れた場合は、有料での交換・修理になります。LEDタイプはデリケートな面のあるため少し不安ですが、高品質な電球・耐久性のある部品・複数の点滅パターンがあるので結果的に使いやすいです。価格の方も心配ですが、格安になっている商品も多くなっています。最近の合成樹脂看板は、加工しやすく腐りにくいです。耐久性の方も実用的になっており、お好きな場所で使えます。

看板ひとつで集客力は大違い

あるところにおいしいイタリアンレストランがありましたが、そこはメイン通りから少し入りこんだ目立たない場所だったため、集客はいまいちでした。常連客が隠れ家にしてしまうため客の広がりはなく、経営は苦しいだろうと推察されました。ところが、ある日から客が入るようになり、今では満席の日がほとんどです。何があったかというと、看板を二つ設置しました。ひとつは大通りに面したところ、もう一つはお店の目の前で、大通りと直角になるよう、つまり大通りから見えるように置いてありました。それぞれ、おいしそうなトマトの絵が書いてあり、食欲をそそる感じです。大通りの通行人に、そこに店があることをアピールし、何の店かを分からせ、おいしそうなイメージまで保たせて、その結果お店は大繁盛です。看板がいかに集客の明暗を分けるかが分かります。

看板は店名にコピーを添えて

いつも閑散としていたビルの中の飲食店がありました。そこに飲食店があるらしいことは、ビルの案内図で分かりましたが、どうにも入る人がいません。その辺には焼き鳥屋は珍しくありませんでしたし、2階まで階段を登らなくては入れないお店で入りにくいのが、難点だったのでしょう。ある日、階段下に黒板の看板を置くようになりました。そこには「今週いっぱいの大目玉」などというコピーがあり、その下に美味しそうな料理と値段が書かれたありました。センス溢れる写真と手頃な値段は、人々の興味をそそるに十分でした。しかもその店は肉の質も良いし、焼き具合も最高と来ています。一度足を運べば「こんなに美味しい店なら」ということで口コミで人はどんどん入ります。今ではちょっとした繁盛店です。看板が無ければ誰も興味を持つことなく、集客できないまま潰れていたかもしれません。入り口のアピールで運命は激変します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です